カレー粉から作るビーフカレー

グルメ
この記事は約5分で読めます。
  • ビーフカレーをカレー粉から作ってみたい
  • 外出出来ないから暇でしょうがない

※この記事はこんな方に向けて書いています。

こんにちはマナビヤです。

世間はコロナの影響で、外出自粛を余儀なくされています。家で充実した時間を過ごすのにカレー粉からカレーを作るなんてどうでしょうか?

スポンサードリンク

ビーフカレーの材料

※上に映り込んでいるさるかに合戦のふりかけは今回使用しません

ビーフカレーの材料(4人分)
  • 牛肉 450g(脂身が少なければ牛脂も)
  • 玉ねぎ 中2個
  • トマトピューレ 大さじ4
  • 野菜ジュース 400㎖
  • お好み焼き粉 大さじ6
  • ニンニク 2片
  • しょうが 2片
  • ウスターソース 小さじ4
  • カレー粉 大さじ2
  • ブルーベリージャム 小さじ1
  • 塩 小さじ1
  • 水 全部で500㎖

ビーフカレーの下準備

カレー調理を円滑に進めていくため、材料の下準備をしておきます。

材料を計量する

先程説明した分量通りに材料を予め計量しておきます。

にんにく・生姜のすりおろし汁を作る

にんにくと生姜をすりおろします。

※指も一緒にすりおろさないように注意!!

すりおろし終わったら水80㎖で溶いてください。

※画像はすりおろしリンゴでも代用できるかもしれません(画像だけね)

玉ねぎをスライスする

玉ねぎを繊維方向に2~3ミリにスライス。そこまで小さくする必要は無いです。

肉を焼く

ここで肉を焼いていきますが、まずは肉の両面に塩コショウをしっかり振っておきます。

※この写真より多めで良いと思います。写真が分かりにくい

肉の部位やランクによりますが、今回は安めで赤身多めのカレー用を使用するので、牛脂を使って油を作ります。

※肉買ったら無料で貰えるアレです。

強火だとパチパチ跳ねて「あっ…あっ、アチッ」ってなるので、弱火で大丈夫です。要は溶ければ

そしたらね、こんな風にアレです。だいたい大さじ2杯分くらいの油が出来上がります。

そしたらここに牛肉を投入し、強火で動かさずに。しっかり焼き色がつくまで焼いてください。

あー、美味そう…

もう肉とご飯だけで良くない?

肉は両面しっかり焼いてくださいね~

このくらいしっかり焼き色がつきましたら、いったん肉だけ取り出します。

飴色玉ねぎを作る

肉を取り出したフライパンにはこのように大さじ2杯分くらいの油が残っています。(なければサラダ油的なものを足してください)

ここにスライスした玉ねぎを投入!

玉ねぎを入れたら強火で三分間放置します。少々の焦げを気にしたらダメです!

※三分したら一回混ぜてまた三分間放置!底の方から焦げるので、剥がすように混ぜてください。

※繰り返し

※繰り返し

にんにく生姜汁を入れる

炒め玉ねぎの色がだいたいこのくらいになったら、にんにく生姜汁を加えます。

にんにく生姜汁を加えたら混ぜて少しフタをします。

蒸し焼きして玉ねぎがしなっとなりましたらフタを開け水を100㎖加えてください。この時鍋底から焦げをこそぎます。

再びフタをして3分間煮込みます。

3分経ったらフタを開け、混ぜながら水分を飛ばしてください。少々の焦げは隠し味です。

トマトピューレを入れる

ここまで終わりましたら、トマトピューレを投入します。

これもしっかりかき混ぜながら水分を飛ばしましょう。

これで飴色玉ねぎの完成です。

カレーの素作り

飴色玉ねぎが完成したので、ここからはカレーの素作り!

お好み焼き粉を炒める

別のフライパンでお好み焼き粉を炒めます。弱火~中火。小麦粉を使わない理由は、お好み焼き粉に入っている出汁を利用するため。

まんべんなく火を通すため、フライパンで広げていきます。

何分か炒めるとこのように色が茶色に変わってきます。ここまでひたすら炒めてください。

カレー粉投入

それではここでカレー粉を投入!

全体に馴染むようにしながら軽く火を入れてください。スパイスは焦がしたらダメなので必ず弱火で

飴色玉ねぎとカレー粉を混ぜる

ここで飴色玉ねぎとカレー粉、塩(小さじ1)を混ぜ合わせます。ここも弱火で

ダマにならないようにしっかり絡めてください。粉っぽくならないように

カレー作り

カレーの素が完成したので、いよいよカレー作りに入っていきます。

カレーの素に野菜ジュースを入れる

火加減は弱火のままで野菜ジュースを投入します。野菜ジュースはニンジンがベースになっているもので野菜比率が高いものを選んでください。(今回は充実野菜を使用)

全体に馴染むように伸ばします。

ウスターソースを入れる

ここにウスターソースを投入!

ブルーベリージャムを入れる

ブルーベリージャムも投入!

全体に馴染むように混ぜてください。

肉を入れる

ここで肉を投入!肉汁も全て入れてください。

これもしっかり混ぜ合わせます。

水を入れる

最後に水を400㎖加えます。

水を入れたら全体をかき混ぜて馴染ませます。

あとは、一度煮立たせてから弱火で25分煮込みます。焦がさないように時々かき混ぜてください。

寝かせる

ここで完成と言いたいところですが、カレーは寝かすことで旨みが凝縮されます。冷めたら冷蔵庫に入れて一日寝かせてください。

実食

さあ、実食していきましょう!冷蔵庫に一日入れていたので、カレーはすっかり固まっていました。かなりドロドロ系のカレーですね。

所々黒いつぶがありますが、玉ねぎの焦げで苦味のスパイスを加えてくれています。

まず最初に野菜ジュースやジャムの甘みがきて、次にトマトピューレの酸味と飴色玉ねぎの甘み・苦味、最後にスパイスの辛味が抜けていく感じですね~

奥行きのある複雑な味で美味しいです!

ご馳走様でした~

個人的には複雑な味でまた食べたくなる味でしたが、子供はいつも食べなれているバーモントカレーの方が良いと…😅

カレーは人それぞれ好みの味っていうのがありますよね~

自分オリジナルのカレーなんてあったら良くない?
※このレシピは他のサイトで調べたやつです。

スポンサードリンク
マナビヤをフォローする
マナビヤ

コメント